渡辺容疑者が自身が携行缶のキャップを開けたことを認める

京都府福知山市の花火大会の露店ど起きた爆発事故。

この事故の原因となったのは、露店店主の渡辺良平容疑者が猛暑で熱しられたガソリンの携行缶のキャップを発電機の近くで誤った方法で開けたため、ガソリンが吹き出し、発電機にかかったことが原因だと言われています。

しかし、渡辺容疑者は、これまで弁護士に発電機は満タンだったため給油の必要はなく、携行缶は移動させようとしたら自然にキャップが開いたなどと話し、容疑を否認していました。

その渡辺容疑者が一転して「携行缶のキャップは自分で開けた」と弁護士に話したこてが23日に明らかになりました。

事態のあまりの大きさに本当のことが言い出せなかった などとも話していたという渡辺容疑者。

渡辺容疑者がキャップを開けるところを目撃していた人もいるのですから、最初から素直に話した方が良かったと思いますけどね。

 

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

『ザ・グッド・ダイナソー』と『ファインディング・ドリー』の公開延期になる

来年の5月30日に公開が予定していたピクサー映画の『ザ・グッド・ダイナソー』と、2015年11月25日に公開を予定していた『ファインディング・ドリー』の2本の映画の公開延期を発表しました。

『ファインディング・ニモ』の続編である『ファインディング・ドリー』については2016年の夏までの公開延期が発表されていますが、『ザ・グッド・ダイナソー』については、公開がいつまで延期になったかは発表されていません。

今回の公開延期により、2014年にはピクサー映画の公開がまったくないことになってしまいました。ピクサー映画の新作が公開されない年があるのは2005年以来初のことになります。

『ザ・グッド・ダイナソー』の公開を延期したことについて、ピクサーの社長であるエドウィン・キャットムル氏は「映画の公開が延期されたことなんて覚えている人はいませんが、駄作だった場合にはしっかりと人々の記憶に残るものですよね。そこで我々は『ザ・グッド・ダイナソー』の製作にもう少し時間をかけようという結論に至ったわけです」と説明しています。

 

 

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

富士山頂の迷い犬が無事保護される

富士山頂で迷っていた犬が29日未明に、静岡県御殿場保健所に保護されました。

1日に富士山が山開きして以降、山頂であばら骨の浮いた姿の犬が目撃されていて、そのことがネットでも話題になっていました。

保健所によると、保護された犬は、オスの雑種で体長約1メートルほど。

首輪はしていませんが、手を差し出すと鼻を付けてくることから、元は飼い犬で、ペットを連れて登山した際に飼い主とはぐれた可能性があるそうです。

保健所では、富士登山は犬にとっても過酷ですし、山頂で迷った犬が餓死してしまう可能性があることから、「ペット同伴の登山はやめて欲しい」と呼びかけています。

現在、犬は民間の動物保護団体「RJAV被災動物ネットワーク」が保護されていて、飼い主が現れなければ、この団体が新たな飼い主を探すことになっているそうです。

 

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

タレント事務所から俳優を雇ってまで行った横領の偽装工作

警視庁捜査2課が、勤務先から計約1億3千万円を着服したとして、業務上横領の疑いで逮捕した、米IBM子会社「IBMビジネスコンサルティングサービス」の元社員の生谷吉之容疑者。

この生谷容疑者は、「IBMビジネスコンサルティングサービス」の営業・プロジェクト担当パートナーだった平成17年ごろから、取引先からコンサルタント料が振り込まれる同社名義の口座から12回にわたって計約1億3千万円を個人名義の口座に送金し、計約3億円を横領した疑いがもたれています。

生谷容疑者は、横領が発覚しないように、タレント事務所から俳優を雇って取引先の社員のふりをさせ、同社に対し「振り込みが遅れて申し訳ない」などと釈明させるなど、徹底的な偽装工作を行っていたそうです。

そんな偽装をしても、取引先はちゃんと振り込みを行っているんですから、横領はいつか発覚するとは考えなかったんでしょうかねー。

 

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

スマートフォンで自宅で録画した番組を観ることができる「Remote TV」

KDDIから、スマートフォンで自宅で録画した番組を観ることができる製品が発売されます。

自宅で録画した番組を、スマホやタブレット端末などで楽しめるようにできる製品なのが「Remote TV」。

この「Remote TV」は、本機とブルーレイディスクレコーダーをHDMIケーブルで接続し、さらにWiFiルーターを介してインターネットに接続すると、自宅のブルーレイデッキで録画したデジタル放送のテレビ番組を、外出先でも観ることができるようになるそうです。

対応しているブルーレイデッキは、パナソニック、シャープ、ソニー、東芝、三菱のブルーレイディスクレコーダー。

録画したテレビ番組がデッキに溜まってきているという人にオススメです。

 

 

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

米国で減少している炭酸飲料の消費

米国で消費者の炭酸飲料離れが加速しています。

清涼飲料大手の米コカ・コーラ、ペプシコ、ドクターペッパー・スナップル・グループ、その大手メーカーの全てが、米国の炭酸飲料の消費減を反転させるのに苦戦しているというのです。米国での炭酸飲料の売り上は、ずっと消費が徐々に減り続けている中でも収入を維持することができていました。

米国での炭酸飲料の消費が減少したのは、米国では糖尿病や肥満が深刻な問題になっていて、その肥満などを増長させているのが炭酸飲料だと標的になってしまったことや、これまで炭酸飲料を多く消費してきた人たち高齢化し、炭酸飲料のターゲットである今の若者層が、炭酸飲料をあまり飲まない傾向にあることが関係しているようです。

米国といえばコーラというイメージは、もう昔のことなのかもしれません。

 

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

時事通信社の電話世論調査でも自民党が優勢

16日投開票の衆院選を前に、時事通信社が7日から9日の期間で全国の有権者を対象に電話世論調査を実施したところ、自民党が小選挙区、比例代表ともに優位に立っていることが明らかになったそうです。

対する民主党は、首都圏をはじめ全国で苦戦しており、前回221勝だった小選挙区で、議席獲得が視野に入ったのはたったの40程度、比例も前回の87議席を大きく下回るのは確実で、230議席あった議席が100議席を割り込む見通しになっているようです、

また当初、今回の衆院選で躍進が予想されていた日本維新の会などの第三極陣営も、公示直前に旗揚げした日本未来の党が小選挙区で苦戦。

選挙は若すぎると大丈夫か、と不安になりますが、脱毛は年齢に比例してお肌が心配になりますよね。脱毛 年齢 左右されないようなサロン・エステも東京にはあります。ぜひ自分に合った脱毛サロンを比較して探してみてください。

あれほど人気があった日本維新の会も、近畿などの一部地域では健闘しているものの、全国で見た場合には苦戦しており、それほど議席は獲得できない可能性が出てきています。

民主党によってボロボロにされてしまった日本。

嫌なところもあるけれど、日本を建て直すのなら実績のない党より、知識も経験も多い自民党ってことでしょうか。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

一橋大や法政大が学園祭の期間中を全面禁酒に

大学時代にお酒をむちゃ飲みして、具合が悪くなったり、救急車で運ばれたりした経験はありませんか。

このところ、大学の学生による飲酒事故が後を絶たないことから、一橋大と法政大が学園祭を全面禁酒にしたことが明らかになりました。

さらに東京大でも、学園祭の期間中を全面禁酒にする見込みのようです。

大学生の楽しみを奪ってしまうというのは、学校側としても辛いのではないでしょうか。私も、娘にバイクに乗ることを辞めさせたときはつらかったです。

娘はよく渋谷 脱毛サロンに通っています。今はバイク以外の趣味を見つけたようなので、自由に通わせています。

今回、学園祭の期間中に全面禁煙にすると発表した一橋大の学生でつくる運営委員会では、10月に43回目となる一橋祭の歴史で初めて禁酒を実施することを決め、関係者らに説明を始め、理解を求めているということです。

せっかくの学園祭ですから、お酒の飲んで騒ぎたいという気持ちもわかりますが、自分たちぐらいはと考えないで、決まったことは守るようにしてほしいですね。

 

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

台湾フィルハーモニーの日本人メンバーの入国ビザの申請を中国当局が拒否

日本への反発を強めている中国。

台湾の交響楽団「台湾フィルハーモニー」が11月に中国で行う公演のため入国ビザを申請したところ、日本人メンバーの3人だけが入国ビザの申請を中国当局が拒否したことが明らかになりました。

拒否されると、それ以降ずっと申請できないんでしょうか?それとも、一年間申請無効とか、期間が定められているんでしょうか。

脱毛にも、期間が必要です。勘違いされがちですが、サロンに一回行けば完了というケースは珍しく、何度か通うことも必要です。といっても、脱毛 期間はそれほどながいものではなく、担当の方と仲良くなったりすれば、あっというまに楽しく脱毛できるのではないでしょうか。

中国当局の拒否理由は「就労や公演を目的としたビザは日本人には無期限で発給しない」ということで、明らかに日本が沖縄県の尖閣諸島を購入したことでの、日本への嫌がらせのようです。

「台湾フィルハーモニー」は11月2日に上海で公演を行い、無錫、北京を回る予定になっていますが、日本人メンバーはこれらの公演には参加できなくなったため、9日夜には東京でも公演を予定していることから、楽団は中国公演に代役を用意し、3人は東京へ直接向かわせるそうです。

政治と文化を一緒に扱ってしまうなんて悲しいことですよね。

 

 

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。